オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

変わる見た目

ドレスを着た女性

花嫁が輝く結婚式。
結婚式でみんなの注目を浴びたとき、結婚写真を撮るときに気になるのが体のラインです。
大抵の花嫁さんはブライダルインナーを着ていることが多いのではないでしょうか。
普通の下着と違い、ブライダルインナーはドレスを着ても響かないきれいなラインが出るように作られています。
白いドレスにも合うような見た目もかわいらしいデザインに、補正下着の効果はばっちりで、ブラの内側にはカップがついていて胸元がきれいに見えるよう工夫されています。
胸元からウエストラインにかけて補正するスリーインワンタイプや、ガードルタイプでヒップラインまでカバーするもの等、たくさんの商品が出ています。
ブラからはみ出たわき肉が流れないようカバーする補正下着もあり、これから結婚式を控える花嫁さんは一度検討してみるといいと思います。
ブライダルインナーを着けた場合と、そうでない場合との差がはっきり分かるはずです。
思い出に残る結婚式、ブライダルインナーを上手く使うことをお勧めします。

これまでの歴史

 女性にとってブラは必需品の一つでもあり、結婚式などのおめでたい場所ではブライダルインナーや補正下着を使用することもあります。
そこでこれらの品の歴史の流れなどについて説明をしていきます。
 ブラに関しては使用している物は今と違いますが、形に関しては昔からそれほど変化していないとされています。
使用する目的についても、歩くときなどに乳房などが揺れないように作られていました。
ただ市民の間に浸透し始めた時期に関しては国によって異なり、それまでは今ほど主流ではなかった品だったとされています。
例えば外国の方では15世紀前後から着用されていたとされていますが、日本では本格的に使用されたのは戦後であるとされています。
 年齢を重ねるたびに若い時に比べて体にたるみなどが起きやすくなることから、補正下着という商品が作られました。
これも主に女性を中心に着用する商品であり、男性用は基本的に作られていません。
 ブライダルインナーに関してはその名の通り結婚式などのめでたい席で使用されることが多く、これもまた女性を中心に使用される習慣があります。
実際に結婚式を挙げた花嫁の中でも、ほとんどの方がブライダルインナーを使用して式のためのメイクを行っています。
ブライダルインナーが誕生した当時からとても人気があり、今現在ほどではありませんが多くの女性の間で話題になっていました。
また結婚式を挙げることは女性にとって憧れでもあり、結婚を行うこととブライダルインターはセットであると考える女性も少なくないです。

アーカイブ